コンテンツへスキップ

宅建業協会 伊万里支部 前期研修会

写真① 人と防災未来センター
写真② 伊万里警察署

令和4年度宅建業協会伊万里支部の前期研修会に参加してきました。

第一部は佐賀県防災士会より「自分の命は自分で守る!!」~非常持ち出し・備蓄・トイレ~編

日頃ニュースで目にする震災や災害ですが、どれだけ日頃からもしもの時の準備ができていますか?
という内容でした。もしもの時のトイレ、食料、水、着替えなどどうでしょうか?
行政がなんとかしてくれるだろう、自衛隊が助けてくれるだろう、ですが「災害直後は何もありません。」
現場を経験された方のお言葉でした。ご家族であれば、もしもの時の集合場所を決めておく。
考えたこともありませんでした。いつ、どこで被災するか分からない。電話もつながらない。もしそんな状況に
なった時、パニックにならないよう普段からの準備がいかに大切かということですね。
これまで防災について考える機会も少なく、今回の研修を機に防災意識を持ちチェックリスト(写真①)
を参考にしながら準備したいと思います。すでに非常持ち出し袋や備蓄されてる方も食料品の賞味期限、
ライトの電池など定期的に確認してみてくださいね。

第二部は伊万里警察署より「反社会的勢力への対応について」

現役の刑事さんからのお話と教習ビデオで対策を学びました。

宅建業協会伊万里支部ではこうした研修会が行われています。
学んだことを日々の業務に活かしていきたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。